HOME » ニキビ跡とは » ニキビ肌の化粧水選び

ニキビ跡Trace

ニキビ肌の化粧水選び

洗顔後は皮脂量とバリア機能が低下。保水充分に

肌をきれいに洗顔した後の肌は角質が薄く皮脂量が減少しているため、バリア機能が低下しています。
そのまま放置すれば肌は乾燥し、外部からの刺激によって肌荒れを起こしますから、洗った後は化粧水でしっかりと肌に潤いを与えることが大切です。

水分をしっかりと補給してあげることで肌を柔軟に保ち、キメを整えます。
キメが粗い肌は肌トラブルを起こしやすく、ニキビなどもできやすくなりますから化粧水で十分な保水をしましょう。
そして化粧水によって潤いをしっかりとキープさせ、肌のターンオーバーも正常に行わせることが大切です。
ターンオーバーが乱れると、肌に古い角質が残って毛穴を詰まらせてしまいます。この毛穴の詰まりこそがニキビを起こす原因になるので、ニキビ肌の人は特にターンオーバーを正常化させることが重要なのです。

ニキビ肌の人の化粧水選びのポイント

肌の表面がベタつきがちなニキビ肌の人は、さっぱりするタイプのものや皮脂を抑えるタイプのものを選んでしまいがちですが、保湿タイプのものを選ぶようにしましょう。

ヒアルロン酸やビタミンC誘導体などの保湿成分がおすすめ

保湿成分としてアミノ酸やヒアルロン酸が配合されているものや、肌のキメを整える成分であるビタミンC誘導体の含まれた化粧水が望ましいでしょう。
ビタミンC誘導体は美容外科や皮膚科でも多く取り入れられており、ビタミンCの吸収率を高め肌の奥まで成分を浸透させます。
ビタミンCが持つ働きとして皮脂分泌や活性酸素の抑制効果、毛穴の引きしめ効果があるため、ニキビ肌の人には有効です。
他にも以下のような成分がニキビ肌の人にはよいとされています。

・グリチルリチン酸ジカリウム
マメ科である甘草の根から抽出され、抗アレルギー作用や抗炎症作用を持つことからニキビ肌用の化粧水だけでなく皮膚科の皮膚炎治療にも使用されています。
・サリチル酸
古い角質を軟化し除去する作用があり、毛穴の詰まりに有効に働きます。
その安全性の高さはケミカルピーリングにも使用されることや、抗炎症作用や殺菌作用を持つことからニキビ治療やくすみ、肌荒れ解消にも用いられます。
・イオウ
アクネ菌を殺菌する作用より市販されているニキビ薬に使用されています。古い角質を軟化して除去する働きや、抗炎症作用があります。

他にもニキビ肌用で一般的に流通しているスキンケア製品を使用する場合は、ニキビができにくい成分を使っているノンコメドジェニックのものを使用すると良いでしょう。

避けたほうがよい成分

皮脂分泌を抑える作用のものや皮脂を拭き取る使い方のものは、逆に皮脂を過剰分泌させることになります。
また、アルコール成分が配合されているものはアルコールが水分と一緒に蒸発するという性質から、肌を乾燥させてバリア機能を低下させてしまいますので使わないほうがよいでしょう。

このページの上部へ
Copyright (c) www.nikibirank.com 2019-12-06 All Rights Reserved.