HOME » ニキビ跡とは » ニキビ跡の色素沈着はメラニン色素が原因

ニキビ跡Trace

ニキビ跡の色素沈着はメラニン色素が原因

ニキビ跡にできる茶色いシミ

炎症を持ったニキビが治った場所に茶色くシミのようなものが残ることがありますが、状態が悪いと一生消えない場合もあります。

これは炎症が起きたときに同時にメラニン色素が生成されてしまうためで、健康な肌なら多少メラニンが生成されても肌のターンオーバーによって少しずつ排出されて元の白い肌へ戻りますが、炎症が悪化することにより肌の奥に存在する真皮まで炎症を起こしてしまい、メラニン色素の色を残した状態になるのです。

ニキビ跡にできる赤黒いや紫がかったシミ

赤黒色や紫がかったシミが発生する原因としてあげられるものは、ヘモグロビンが関係します。

炎症や化膿が悪化することによって、表皮の奥に存在する真皮にまで損傷が起き毛細血管が壊れ、血管内の血液が皮膚細胞にまで漏れ細胞に染みこみます。
そのため赤血球に含まれるヘモグロビンが酸素との結合を失い黒っぽく変色することで、赤黒色や紫がかった跡として形を残します。

ただ、血腫の場合は固まってしまった血液を溶解する酵素としてプラスミン、マクロファージが働き、少しずつ消失していきます。

色素沈着によるニキビ跡のケア方法

茶色っぽいシミ状である炎症性色素沈着に対してのケア方法は、ハイドロキノンという成分を含む軟膏が有効です。

メラニン色素が出来る過程は、チロシンという物質に紫外線などの外部刺激が加わりチロシナーゼという酵素の働きによってメラニンに変化します。
このシミの原因となるメラニンの生成を防ぐことが必要なので、ハイドロキノンが持つチロシナーゼの働きを阻害する作用を利用します。

ハイドロキノンには副作用があり、痒み、発赤が起こる場合があります。

即効性を望む場合などはそういった軟膏などを利用すると良いでしょうが、メラニンは本来肌のターンオーバーが正常に行われていれば少しずつ排出されていきますから、肌のバリア機能を回復させてターンオーバー周期を正しく整えることが完全にシミを消失する上で良いと言えます。

肌のバリア機能を回復させるためには、肌の角質層が持つ水分量を維持することが必要ですので保湿を念入りにしっかりと行うこと、角質層の乾燥を防ぐために男性ホルモン量を低下させることが必要です。

ただ、保湿ケアは自分で行うことができても男性ホルモン量の低下は自分ではできませんので専門医などに相談して行う必要があります。

以上のことから、色素沈着が原因のニキビ跡をケアするには、ビタミンCが配合された化粧品でケアを行うことや保湿ケアを自分で行いながら、ホルモン療法などで男性ホルモン量を抑えて肌のバリア機能を回復させていき、ターンオーバーを正常化することが有効と言えます。

このページの上部へ
Copyright (c) www.nikibirank.com 2020-01-28 All Rights Reserved.