HOME » ニキビ跡とは » 「ビタミンC誘導体」ってスゴイ

ニキビ跡Trace

「ビタミンC誘導体」ってスゴイ

アンチエイジングに効果アリ

ビタミンc誘導体

みなさんはビタミンC誘導体というと、シミ対策のイメージが強いかもしれません。
しかしビタミンC誘導体は美白効果はもちろん、アンチエイジングにも効果的。コラーゲンの生成を助ける働きがあるので、ほうれい線にも有効です。
ビタミンC誘導体はニキビ跡のシミだけでなく、コラーゲンの生成を促すことで、たるみを予防してくれます。
美顔器が、シミ・しわ両方に有効だといわれているのは、そのためです。

「ビタミンC」と「ビタミンC誘導体」何がちがうの?

ここでビタミンCとビタミンC誘導体の違いについて解説しておきましょう。

効能高いも、壊れやすく浸透しにくいビタミンC

ビタミンCには、メラニンの合成を抑える働きがあるため、美白効果があります。
そのほかにも、皮膚の老化の原因でもある活性酸素を中和させて、しみやシワをできにくくするなど、様々な肌への効果と、その効能の高さはご承知の通りです。

しかしビタミンCは残念なことに、水溶性で、酸素や熱に弱く、酸化しやすい特徴を持っています。
そのため化粧品や薬品として、効果を安定させることが非常に難しいのです。

8倍のパワーを秘めたビタミンC誘導体

いっぽう、ビタミンC誘導体は、ピュアなビタミンCを効果的に用いるために、別の物質を結合させることで作られています。

角質層への透過がよく、肌への浸透後はメラニンの近距離で酵素反応によってビタミンCに変化。
これによってピュアなビタミンCの安定性やお肌への吸収性は、約8倍以上にもなるんです。

この効果は、厚生労働省も正式に認めているほどで、医薬部外品として販売されています。

美顔器でビタミンC誘導体を用いるメリットは、何といっても、そのままでは皮膚から浸透していかないビタミンCを、お肌の奥深くへと浸透させることができること。

ビタミンCは人間が体のなかで作り出したり、蓄えておくことができません。
そのためイオン導入で、毎日お肌に栄養補給して上げると、スキンケアやニキビ跡ケアにはとっても効果的なんです。

このページの上部へ
Copyright (c) www.nikibirank.com 2019-12-06 All Rights Reserved.