HOME » ニキビ跡とは » ニキビ跡の最終段階「成熟瘢痕」

ニキビ跡Trace

ニキビ跡の最終段階「成熟瘢痕」

ニキビは皮膚病の一種です

ニキビという呼び名のほうが一般的にはなじみが深いですが、正式には「尋常性ざそう」といい、皮膚病の中の一つです。

日本人の90%の人がニキビになった経験があり、出来始めのニキビは微小面皰という肉眼では確認できない皮脂と角質が混ざった状態です。

そこにニキビの元となるアクネ菌が付着して炎症性のニキビへと発展してしまい、さらに悪化すれば瘢痕状の凸凹とした皮膚の状態を作ってしまいます。

成熟瘢痕は出来たニキビが跡となって残った最終段階であり、そうなる前にニキビを予防することが大切ですが、初期段階である面皰から炎症を持つニキビへと移行する前に適切なケアを行うことが大切です。

ニキビ跡ができるまで

炎症を強く持った赤ニキビや膿胞を持つ黄色ニキビはニキビ跡を残しやすいため、炎症を持つ前に毛穴に角栓が詰まった状態の白ニキビの段階で正しいケアを行えばニキビ跡になりにくいと言えます。

ニキビ跡の状態も赤みがのこった跡になっているものや、クレーター状態に凸凹したもの、色素沈着しているもの、肌の表面が盛り上がってケロイド状や肥厚性瘢痕のものなど種類は様々ですが、クレーター状態のものやケロイド状のもの、肥厚性瘢痕は治りにくいことが多いと言えます。

その中でも炎症性ニキビの後にできる陥没性瘢痕は皮膚が陥没した状態になりアイスピックで付いたような穴が表面に残ります。

アクネ菌によって誘引された多核白血球が毛包壁を破壊し、真皮にまで及ぶことで毛管に沿う形で筒状に陥没するのです。
肥厚性瘢痕はニキビ跡が盛り上がりドーム状に広がってケロイド状になります。

炎症性ニキビに紅色調小結節ができた後、放置すると周りの健康な皮膚にまで及んで肥厚性瘢痕を作ってしまいます。

ニキビ跡の最終ステージである成熟瘢痕

ニキビが炎症を起こし、それによって毛包壁が完全に破壊されて瘢痕となることで治ってしまった状態が成熟瘢痕です。
瘢痕は盛り上がった状態のまま特に進行することもなく、赤みも取れて白くなっていますが跡としてはっきり見てとれます。

コラーゲン繊維が部分的に過剰に増えたことによって白く見えますが、例えば手術などで皮膚を切開した跡にこの状態で残ります。

ニキビの炎症がひどいと肌を傷付けてしまい最終的にはこの成熟瘢痕という姿となって跡を残します。
そうならないためにも初期のニキビの段階でケアを行うことがとても大切です。

間違った自己ケアもニキビ跡を残す原因となりますので正しいケアを行うようにし、赤みをもったニキビが続けて出来ている場合や炎症が重症化しているニキビは瘢痕状態になる前に皮膚科などで相談をしてみるようにすると良いでしょう。

このページの上部へ
Copyright (c) www.nikibirank.com 2019-12-06 All Rights Reserved.