HOME » ニキビ跡とは » 背中のニキビ跡は不清潔とホルモンの乱れ

ニキビ跡Trace

背中のニキビ跡は不清潔とホルモンの乱れ

背中ニキビが出来てしまうその原因とは?

ニキビを発生させやすいとされる皮脂腺が存在する場所は、顔や胸、そして肩甲骨周りの背中に集中していますが、元々ニキビが出来やすい背中は目が届きにくく、ニキビが出来ていても気が付かずにかゆみなどを感じて初めて気がつくこともあります。

10代の頃は顔などにニキビが集中して出来ることが多く、20代を過ぎてから背中のニキビに悩む人も多いのは、思春期にできるニキビの原因と、大人になってからできるニキビの原因が違うことがあげられます。

大人になってからできるニキビの大きな要因として生活習慣の乱れやホルモンバランスの乱れがあげられます。
ストレスを過度に感じ睡眠不足が続くことで緊張状態の時に活発化する交感神経が優位になり男性ホルモンの分泌が過剰に行われます。

過剰に分泌された男性ホルモンは角質層の柔軟性を奪って角栓を発生させ毛穴を詰まらせてしまいます。
そしてさらに皮脂腺から分泌される皮脂が詰まることで炎症を起こすことで赤ニキビを作ってしまうのです。

普段の生活で行える背中ニキビの発生やニキビ跡に対する予防・ケア方法とは?

顔や胸にニキビは出来ていないのに背中にだけニキビが悪化していると言う場合、その原因は気が付きにくいということが一番にあげられます。

かゆみなどが生じている場合は重症化している場合があり、治すのに時間がかかる場合もありますから、炎症やかゆみがひどい場合は、ニキビ跡を悪化させないためにも専門機関に相談するようにしたほうが良いでしょう。

背中ニキビが重症化してないのならビタミンC誘導体の入ったローションや美容液を使用してケアする方法が有効です。
しっかり保湿を行い、ピーリングを用いて毛穴を塞いでいる角質を除去する方法によって改善をはかりますが、入浴の時にピーリング石鹸などを使用することで角質除去以外にも肌に薬剤を残すというリスクも軽減できます。

ピーリングを行った後は保湿をしっかり行うことを忘れないようにしましょう。

もしもそのような自宅ケアで改善がみられない場合はやはり専門機関などで相談するようにしましょう。
そして背中ニキビの主な原因となるホルモンバランスが崩れることにより男性ホルモンの過剰分泌が行われている状態を改善するためには、そういった外からのケアを行うと同時に普段の生活習慣を見直すことは必要です。

食生活を栄養バランスの取れた食事にすること、ストレスを溜めないこと、睡眠をしっかりとることを意識して生活を送るようにしましょう。
また、肌に触れる衣類や寝具に雑菌が付着していれば背中に与える影響は大きく炎症を起こす原因になりますのでいつも清潔に保つようにしましょう。

このページの上部へ
Copyright (c) www.nikibirank.com 2020-01-28 All Rights Reserved.