HOME » ニキビ跡とは » ニキビ肌にファンデーションはNG?

ニキビ跡Trace

ニキビ肌にファンデーションはNG?

ファンデーションに含まれる成分がニキビに刺激を与える

ファンデーションを使うとニキビが悪化するのは、肌へファンデーションの成分が刺激を与えるからで、刺激を与える成分としてあげられるものは界面活性剤、香料、防腐剤、シリコン、タルクなどです。

とくに気をつけたい油分からニキビへの刺激

油分を多く含むファンデーションを使用すると、肌を傷めて乾燥しバリア機能を低下させます。
油分の多いファンデーションとしてリキッドタイプのものなどがあげられますが、パウダータイプのものより肌へ密着しカバーする力が強いのは含まれる油分も多いからです。
乾燥を防ぐにはパウダータイプのものよりリキッドタイプのもののほうが望ましいのですが、毛穴に入り込み詰まらせる原因になることを考えるとニキビ肌には良くありません。
また、長時間空気に触れた油分は活性酸素によって酸化しますので、酸化した油分が毛穴に入り込むことで皮脂と混ざって毛穴に詰まりアクネ菌を増殖させニキビを悪化させる原因になります。
ですからニキビ肌の人はファンデーションを使用するならリキッドタイプよりもパウダータイプのものを選ぶようにしましょう。

パウダータイプのファンデーションは化粧ノリが悪くなる?

リキッドファンデーションを好んで使用する人はもともと乾燥肌の人が多いですが、乾燥肌の人がパウダータイプを使用すると肌が持っている水分と油分が少ないことから粉が吹いたようになる場合があります。
そのような場合は、リキッドタイプでもノンオイルのものや水性のものを使用するとニキビを悪化させるリスクを軽減できます。
また、パウダータイプのものを使用したからといってニキビへの刺激が全くないというわけではないので、何度も厚く塗ることは避けましょう。
できるだけニキビの患部に直接塗ることは避け、ポイントメイクを行うようにすることが望ましいといえます。

原料がニキビに優しいファンデーションとは

ニキビに優しいファンデーションとは毛穴を塞がず通気性が良いものですが、ニキビ用ファンデーションとして注目されているミネラルファンデーションというものがあります。
その原料は天然の鉱物なためミネラルをたっぷりと含みオイルや防腐剤などの化学成分を含みません
ミネラルファンデーションは美容先進国であるアメリカで作られたのですが、元々はやけどを負った人や整形手術を行った後の人が使えるものとして誕生しました。
ですから刺激を最小限に抑えており、肌トラブルを抱えた人が安心して使用することができるのです。
また、ミネラルによって角質の代謝を促進するため、塗ることによって肌は回復し、肌トラブルの改善が期待できます。

このページの上部へ
Copyright (c) www.nikibirank.com 2020-01-28 All Rights Reserved.