HOME » ニキビ跡とは » 顔のニキビ跡の対策

ニキビ跡Trace

顔のニキビ跡の対策

顔にニキビ跡が残ると、そのことがコンプレックスになることや、なんとか改善しようと色々なケアを試して逆に悪化させることもあります。
ニキビ跡の対策として有効なのは、肌が持つ本来のバリア機能やケア能力そのものを正常化することが最も大切で、ニキビ跡の改善と同時にニキビを再発させることを抑えることに繋がります。

ニキビ跡への対策はニキビ跡の種類によって変わってきますので、それぞれに合った対策方法で肌本来の機能を回復させる根本治療を行うようにしましょう。

シミとして残ったニキビ跡への対策

ニキビが炎症を起こした後、ニキビ跡として残りそこに色素沈着が起って茶色いシミとして残る場合があります。

メラニン色素は元々肌を外部からの刺激から守るために分泌されるため、炎症が起こると増加傾向にあります。
しかし、肌のターンオーバーがしっかりと行われていれば少しずつ排出され消失していきますから正しいターンオーバーを維持することが大切になります。

赤みをおびたニキビ跡への対策

ニキビによる炎症は治ったはずなのに、なぜか赤みが残っているという場合、肌の奥に存在する真皮層付近の炎症は残っていることや、炎症が重症化していてうっ血が残っている場合が考えられます。
この赤みをそのまま放置すれば色素沈着に繋がりシミへと発展しますので赤みの段階でしっかりとケアを行いシミが発生することを防ぐ必要があります。

ビタミンC誘導体配合の化粧品を使ってケアを行うことや、日焼けをしないようにしましょう。

肌に凹凸状態を生んだニキビ跡へのケ対策

ニキビの段階で膿みを生じることや腫れがひどい場合、ニキビが治った後に大きく肌が陥没する場合があります。
皮膚が完全に陥没すると、自然に治る可能性は非常に低いので一刻も早い根本治療を行う必要があります。

肌への刺激が強いレーザーやピーリングは肌の状態によっては悪化するリスクがありますので注意しましょう。

肌のターンオーバーを正常化させバリア機能が向上することが必要です。
普段の生活を規則正しくストレスを溜めこまないようにし、食生活を正しく睡眠をしっかりとるようにしましょう。

顔のニキビ跡をなんとかするための対策方法

ニキビが炎症を起こし拡大し赤みのあるニキビ跡として残っている場合、色素沈着を起こしているニキビ跡、クレーター状に凹凸を残したニキビ跡、それぞれどのニキビ跡も特徴があるので正しい対策を行わないと跡が逆に悪化することになります。

自分でケアや対策を行って改善できる場合とクリニックなどでホルモン治療や対処療法を組み合わせてもらうことによって改善できる場合がありますから、なかなか改善されない場合は一度専門医などに相談することをお勧めします。

このページの上部へ
Copyright (c) www.nikibirank.com 2019-12-06 All Rights Reserved.