HOME » ニキビ跡とは » 年代によって変わるスキンケア方法

ニキビ跡Trace

年代によって変わるスキンケア方法

10代の肌のためのスキンケア方法

成長期である10代は成長ホルモンの分泌が盛んに行われるため、肌も不安定な状態が続きます。

皮脂が多い時期。清潔さを保ちましょう

ホルモンが分泌されると同時に皮脂の分泌も増え、これまで感じることのなかったべたつきが気になり始めます。
皮脂が過剰に分泌されるとニキビの原因となるだけでなく、他の肌トラブルも引き起こすため、日々のスキンケアは常に肌を清潔に保つことに重点を置いて行うようにしましょう。

洗顔は基本的に朝晩の一日2回で十分ですが、夏場やベタつきがあまりに気になる場合は軽くぬるま湯だけで洗うようにし、洗浄力が強力な洗顔料は肌に負担をかけてしまいますので乱用しないようにしましょう。

紫外線対策も視野に入れて

そしてあまり意識が行き届きにくい紫外線を防止することも大切で、この頃に肌を無防備にさらして紫外線対策を行わないと、後に20代を過ぎてからシミやそばかすに悩まされます。
また、この頃の肌は皮脂の分泌が十分なので、美容液やクリームを使用しなくても化粧水と乳液で保湿を行えば十分です。

20代、30代の肌のためのスキンケア方法

20代の肌はホルモンの分泌が安定するため肌の状態も安定しますが、女性の場合はメイクをする人がほとんどになります。

メイクしたお肌のケアが大切

メイクを行った場合はしっかりとメイク落としを行うようにしなければ、ニキビや肌トラブルの原因になりますので注意しましょう。
そして25歳はお肌の曲がり角という言葉があるように、細胞レベルでの老化は25歳前後から進行し始めます。すると新陳代謝や肌の修復機能も低下しますし、学生の時には感じなかったストレスが仕事によって感じるようになります。
ストレスは肌に様々なトラブルを引き起こしますから、大切なのはストレスが溜まらないようにすること、気分転換を行うことやストレス解消方法を持っておくことです。

40代、50代以降の肌のためのスキンケア方法

40代になれば肌のコンディションがさらに下がったことを実感してしまいますが、それは50代以降に年を重ねると、さらに強くなります。
しかし諦めずにメイクをしない時も紫外線対策を行うことなど、これまで以上にケアを行う必要があります。

肌が本来持っているはずの保水力や保湿力自体が衰退することで、肌のたるみを感じたり、これまでにはなかった場所にしわができたりしますから、化粧品の成分にコラーゲン、ヒアルロン酸、セラミドが配合されているものを選ぶようにすると良いでしょう。
また、気になるたるみやしわを改善する効果が期待できる表情筋ストレッチやマッサージを行うこと、化粧品で足りない場合はサプリメントなどを併用するのも良いでしょう。

どの年代にも共通していえることは、年代によって合うスキンケアを行うことは大切です。しかし、それに合わせて普段の生活習慣や特に食生活などを正しく行うことが重要です。

このページの上部へ
Copyright (c) www.nikibirank.com 2020-01-28 All Rights Reserved.