HOME » ニキビ跡とは

ニキビ跡

ニキビ跡の「赤み」「シミ」「あばた」で対策も変わってくる

赤み … 炎症の後に赤みが残った状態
シミ … メラニンの色素沈着でできてしまったシミ
あばた … クレーターのようにデコボコになったにきび跡

ニキビ跡の3つの段階

にきび跡は、「赤み」「シミ」「あばた」の3段階あります。症状が進むにしたがって、治療は困難に・・・詳しく見る

ニキビ跡の自分ケア

にきび跡ケアは、一般のスキンケアとは違います。残念ながら私たちが個人でできるニキビ跡ケアは、そう多くありません。詳しく見る

イオン導入でシミ対策

ビタミンCなどをお肌の奥まで届けるイオン導入。エステやクリニックだけでなく、家庭用人気があります。詳しく見る

美顔器の種類と効果

美顔器は得たい効果によってもチョイスも変わるので、自分の肌にあったものを選びましょう。詳しく見る

「ビタミンC誘導体」ってスゴイ

壊れやすい成分でもあるビタミンCをより効果的にしたのが「ビタミンC誘導体」なのです。詳しく見る

家庭用美顔器でも効果は十分

家庭用の美顔器がエステやクリニック以外でイオン導入したい方に大人気です。詳しく見る

購入前の口コミチェック!

効果の高いイオン導入器を買うためには、お肌のプロ、医師や専門家に聞くのがいちばん。詳しく見る

美顔器購入の際の注意点

美顔器の選び方で大切なのはまず自分で調べるということ。それで納得のいったものだけを購入するようにしてください。悪徳なキャッチセールスにはくれぐれも注意を。詳しく見る

ニキビ跡のダメージ、凸凹のクレーターを自分ケア

ニキビが出来ていた跡に肌が陥没して凹凸状態になることでコンプレックスを感じている人もいると思います。改善するためにも凹凸状態になる原因を知っておき、行うべきケア方法正しく行いましょう。詳しく見る

背中のニキビ跡は不清潔とホルモンの乱れ

思春期の頃には気にならなかった背中に知らない間にニキビができているということはありませんか?この大人ニキビの一つである背中ニキビへのケア方法は正しく行わないと重症化してしまう恐れがあります。詳しく見る

顔のニキビ跡の対策

目立つ顔部分のニキビがせっかく治ったのにニキビ跡が残ってしまうとそれが原因で自信を無くすことにもなります。顔のニキビ跡への対策はそれぞれの種類に応じての方法を用いるようにしましょう。詳しく見る

赤みがかったニキビ跡に大切なのは自宅ケア

やっとニキビが治ったはずなのに赤みがかったニキビ跡となって残る場合があります。その原因を知って正しく自宅ケアを行うことでシミなどに発展してしまうことを予防しましょう。詳しく見る

ニキビ跡の色素沈着はメラニン色素が原因

ニキビを綺麗に治したつもりがシミとなって残ってしまうことがあります。このニキビ跡が出来る原因を知って正しいケア方法でシミ状のニキビ跡を改善し、元の肌を取り戻しましょう。詳しく見る

深刻なケロイド状のニキビ跡

ニキビ跡が悪化することで肌がケロイド状になるとセルフケアを行うことは難しくなります。そういったことからケロイド状にならないための予防法や、なった後はどうすれば良いかを知っておきましょう。詳しく見る

ケロイドと肥厚性瘢痕(はんこん)の違い

見た目では区別がつきにくいと言われるケロイドと肥厚性瘢痕ですが、それぞれ特徴も治療方法も異なりますし、治療効果や再発の程度に大きな差があります。詳しく見る

ニキビ跡の最終段階「成熟瘢痕」

成熟瘢痕という言葉は一般では聞きなれない言葉ですがこの状態はニキビ跡のなれの果て状態を言います。ニキビ跡ができる原因から出来ることを避けたい成熟瘢痕になってしまうまでの経緯をたどってみましょう。詳しく見る

年代によって変わるスキンケア方法

肌の状態や起こるトラブルは10代から40代以降とその年代によって様々です。それぞれの肌の特徴と、行うべきスキンケアに合わせて肌の調子を整えていきましょう。詳しく見る

ニキビ肌に大切なのは保湿です

皮脂がニキビの原因だからといって、取り除けばいいということではありません。皮脂は肌に本来必要なものでもあります。ニキビと皮脂、そして肌の乾燥は大きな関わりがあるのです。詳しく見る

やってしまいがちな毛穴ケア

皮脂を取り除き過ぎない、毛穴を引き締めるという毛穴に大切なケアを行えていますか? 思わずやってしまいがちな間違った毛穴ケアは、今すぐ改善するようにしましょう。詳しく見る

ニキビ肌の化粧水選び

ニキビ肌用として販売されている化粧水はたくさんあり、どれを選べばよいか悩みます。ニキビ肌に適した化粧水を選ぶポイント。それは含まれている成分です。詳しく見る

ニキビ肌にファンデーションはNG?

肌をきれいに見せてくれるファンデーションは、他にも紫外線など外部からの刺激から守ったり乾燥を防ぐ役割を行います。しかしニキビ肌の人は、ファンデーションの使用を注意して使う必要があります。詳しく見る

あぶらとり紙の使いすぎにご用心

ニキビの原因は皮脂の詰まり。だったら皮脂を取り除こうと、あぶらとり紙を必死に利用している人がいますが、使い方を誤るとニキビを悪化させることになります。詳しく見る

このページの上部へ
Copyright (c) www.nikibirank.com 2018-12-15 All Rights Reserved.