HOME » ニキビの種類 » 黄ニキビ

ニキビの種類Kind

黄ニキビ

より重症化……。膿がたまったニキビです

 

黄ニキビ黄ニキビは、白ニキビや赤ニキビよりも、さらに悪化した状態。赤く腫れた部分の中心に、黄色や白色のクリーム状の膿が見えている状態を指します。
炎症を起こした状態で見た目もヒドイのですが、膿疱の痛みはなくてバクテリアの量も多くはありません。
原因は、血液中にある遊離脂肪酸の刺激によるものとの説が有力。

”遊離脂肪酸”は皮脂腺の異物です

アクネ菌やブドウ球菌が急激に増殖してしまうと、分解された皮脂から生成されるのが遊離脂肪酸。
皮脂腺のなかで、この遊離脂肪酸は”異物”と扱われています。
そのため炎症を引きこしてしまい、膿を作り出してしまうのです。

お肌のターンオーバーに合わせてニキビケアを

黄ニキビのケアに大切なのは、お肌の皮膚が生まれ変わるサイクルを考えること。
ターンオーバーが正常に働かないと、溜まっている膿や腫れあがったニキビの状態を沈静化させるのが困難になってしまいます。
お肌の保湿力を高めて、皮脂や水分のバランスを整えながらニキビの炎症を抑えていきましょう。

ニキビの炎症や膿が治まらないのはなぜ?

ニキビが治りにくいと悩むことが時おり出てくるのは、ニキビを改善するために必要な成分を、お肌の内部まで届けきれていないからなんです。

お肌の潤いがターンオーバーをスムーズに進めます

保湿が充分に行われているお肌は、紫外線や乾燥、細菌といった外部刺激からのバリア機能も備わっている状態。
なのでターンオーバーも順調に行われて、ニキビの治りやニキビ跡もすんなりとお肌からフェードアウトしていきます。

黄ニキビの膿は、排出どきを気長に待とう

膿んでいる状態が見えると、どうしてもいじりたくなってしまうもの。
けれど、ニキビ跡を残さずキレイなお肌に戻すための一番の近道は、溜まっている膿が自然に外へ出されるのを待つことなのです。

爪を立てて潰すのはゲンキン!

早く治したい気持ちの焦りから、黄ニキビを”潰す”のは絶対に行わないことです。
膿が排出されることで、気持ち的に楽になりスッキリするかもしれませんが、お肌に余計な負担をかけてしまい、傷はより悪化した状態になってしまいます。
傷口から細菌が入り込み、炎症や化膿の状態を繰り返しかねず、ニキビ跡を作るという最悪な結果に……。
お肌のサイクルに任せて、泣くまで待とうホトトギス。徳川家康になった気持ちで、時を待ちましょう。

このページの上部へ
Copyright (c) www.nikibirank.com 2019-12-06 All Rights Reserved.