HOME » ニキビの種類 » 思春期ニキビ

ニキビの種類Kind

思春期ニキビ

思春期にきびはホルモンバランスの乱れが原因

思春期にきびというのはその名のとおり思春期の頃にできるニキビのこと。
原因はホルモンバランスの乱れとそれによる皮脂の過剰分泌であると考えられています。

なぜ思春期にホルモンバランスが乱れやすくなるのかというと、皮脂腺を大きく成長させるために男性ホルモンの分泌が多くなるから。

そしてそれにともなって、皮脂も過剰に分泌されてしまいがちになります。
しかも、この頃の皮脂は中性脂肪を多く含んだ脂っぽいものなので、ニキビの原因になってしまいやすいのです。

顔にできることが多い

思春期ニキビはTゾーンと呼ばれるおでこや鼻などにできることが多いです。

体の他の部分のように服で隠すこともできないので、常に空気中の雑菌に晒されており、悪化もしやすくなっています。

男女比でいうと、女子のほうが多くなっています。
生理の前後にホルモンバランスが乱れることが多いからです。

けれども、一度できてしまうと、悪化しやすく、痕に残りやすいのは男子のほう。
男子のほうが肌の角質層が硬く、皮脂や汚れが毛穴に詰まってしまいやすいからです。

その他の原因

ホルモンバランスの乱れだけではなく、次のようなことが原因になることもあります。

  • 夜更かしなどの不規則な生活
  • スナック菓子など甘いものの摂り過ぎ
  • ダイエットなどによる栄養の偏り

思春期にきび対策

思春期にきびは若い頃のホルモンバランスの乱れが原因なので、時期が経てば自然と治まっていきます。
けれども、なにもせず放置しておくのはダメ!

症状が進んで赤にきびになってしまうと、炎症が治まっても肌の凸凹がずっと残ってしまうことがあるからです。

白にきびくらいの初期段階のうちから、しっかりとケアを行いましょう。
まず大切なことはこまめに洗顔を行って肌を清潔に保つこと。
そして、サラッとした思春期にきび用の化粧水などで水分を補給してやってください。

薬を使用する場合は、効果が出ないからといってすぐに取り替えたりせず、
同じものを長く使い続けることが大切です。

このページの上部へ
Copyright (c) www.nikibirank.com 2019-12-06 All Rights Reserved.