HOME » ニキビの種類 » 大人ニキビ

ニキビの種類Kind

大人ニキビ

大人になってからもニキビはできます

ニキビは思春期だけでなく、20~30代になってからもできてしまうこともあり、
このようなものは「大人ニキビ」と呼ばれています。

できる場所は頬と口のまわり、あご、胸元、背中…など。

また、思春期にできるものは春から夏にかけての暖かい時期にできることが多いのに対し、大人になってからできるものは一年中季節を問わずに発生します。

他の特徴
  • 治っても何度も繰り返すことが多い。
  • 人によってできる時期(生理前など)や場所がいつも決まっている。
  • 顔のUゾーンに集中しやすい。
  • 治るのが遅い。

ポツポツとでき始めたときからしっかりとしたケアを!

大人ニキビは治るのが遅く何度も繰り返すことが多いので、思春期のものよりもしっかりとケアを行うことが大切。
ポツポツとでき始めてきた段階から対策を行いましょう。

予防と改善のためにはまずは正しい洗顔を行うことが重要なのですが、この正しい洗顔の方法については後のページで詳しく説明していきます。

体質や食生活も関与しています

大人になってからもニキビができてしまうのには体質も関わっています。
肌が脂性の人だと皮脂が活発に分泌されているため、毛穴も詰まりやすく、ニキビもできやすくなってしまいます。

日本人よりも欧米人に多い

大人ニキビは日本人よりも欧米人に多く、また、重症になってしまう人も多いのですが、これにはふだんの食生活が深く関わっています。

欧米人は油っぽい肉料理を好んで食べますが、これでは皮脂が大量に分泌されてしまうのも当然のこと。
ミルクを大量に飲むのもニキビを重症化させる原因になると言われています。

また、副腎皮質ホルモン剤を服用している人もホルモンの乱れによって、ニキビができやすくなってしまいます。

このページの上部へ
Copyright (c) www.nikibirank.com 2019-12-06 All Rights Reserved.