HOME » ニキビの種類 » ニキビ跡

ニキビの種類Kind

ニキビ跡

症状がひどいとニキビ跡になってしまいます

ニキビの炎症はほとんどの場合、時間が経てば自然と治まっていくもの。

ですが、症状があまりにも進んでしまっていた場合、治る過程においてその跡が赤いシミや凸凹になって残ってしまうことがあります。

これは傷と同じように考えればわかりやすいでしょう。

浅い傷であればならその痕が残ることもなくきれいに完治しますが、深いものだと傷がふさがってもその痕が残ってしまいます。

ニキビもこれと同じです。

痕になって残ってしまうと、そのニキビ跡を消すのはとても難しくなります。
ですから、ニキビは放っておいても自然と治るからなんて放置せず、初期の段階からしっかりとしたケアを行うことが大切なんですね。

ニキビ跡の治療方法

ニキビ跡は自力で消すことは難しいのですが、クリニックに行けば次のような方法で治療をすることができます。
完治することができないとしても目立たなくすることは可能です。
医師とよく相談して自分に合った治療を受けてください。

ケミカルピーリング

肌の表層部分を一定の深さで剥がしていくという治療方法。
痕がそれほど深くない人に対して有効です。

グラインダー

凸凹状になっているニキビ痕の凸の部分だけを削っていくという治療方法。
ただし、この治療だと、削ったところが色素沈着してシミになってしまうことがあるので注意が必要です。

炭酸ガス + コラーゲン

炭酸ガスレーザーで凸凹の部分をまずは平らにし、それからコラーゲンを注入することでさらに平らにします。
ただし、コラーゲンはたんぱく質なのでやがては体内に取り込まれてしまいます。

そのため、この方法で肌をきれいに保つには年に1~2回くらいコラーゲンを注入しなくてはなりません。

このページの上部へ
Copyright (c) www.nikibirank.com 2020-09-19 All Rights Reserved.