HOME » ニキビの種類 » ニキビの前身の姿「微小面ぽう」

ニキビの種類Kind

ニキビの前身の姿「微小面ぽう」

”微小面ぽう”は、皮脂が溜まり始めた初期状態

ニキビができ始める前段階で、目には見えませんが皮脂が溜まり始めて毛穴詰まりを起こした状態を言います。
これには、皮脂の分解産物や男性ホルモンが影響しているんです。角層の古い細胞がはがれにくくなり、角層が厚くなってしまう角化異常が起こることで毛穴の出口が狭く硬くなり、毛穴の中で皮脂が溜まり始めます。
”微小”と言われるだけあって目には見えませんが、ニキビの前身の姿であるニキビ予備軍と言われ、ニキビができるのは時間の問題とも言えます。

そもそも、ニキビとはどんな状態を指すの?

ニキビとは「尋常性ざ瘡」という皮膚病の一種です。
日本人の約90%の人がニキビを経験。目に見えない皮脂と角質が混合した微小面ぽうから始まり、そこにアクネ菌が付着することで炎症性のニキビに発展します。
ひどくなると瘢痕(はんこん)を形成し、ぼこぼことした皮膚の状態になってしまい一生ニキビ跡がお肌に残ってしまうので、ニキビ予防はとても大切です。

微小面ぽうの段階で大切なこと

まず、人間の皮膚は外側から表皮、真皮、皮下組織となっており、表皮は角質層、顆粒層、有棘層、基底層で成り立っています。
角層と呼ばれる角質層と顆粒層は、皮脂で皮脂膜を生成しています。

微小面ぽうのニキビケアは困難……

ニキビには洗顔

新しい細胞は基底層で生成され、有棘層、顆粒層、角質層と入れ替わることで肌のターンオーバーが行われます。この際、ターンオーバーが乱れると、毛穴が皮脂詰まりを起こします。
微小面ぽうは見えないので、この段階で肌のケアをする事は困難。実際は黒ニキビになってしまったり、炎症を起こすことで気が付くのが一般的です。

それでも微小面ぽうの段階でニキビ予防ができれば、次の段階でニキビの悪化を防げる可能性が高まります。
皮膚科などで処方される「尋常性ざ瘡」適応の外用薬・レチノイド製剤に含まれているディフェリンゲルなどは、微小面ぽうにも効果的。ニキビの進行を防げると言われています。

微小面ぽう以外の炎症の無いニキビ

微小面ぽうから進行してしまう第一段階である炎症の無いニキビとは、次の2つのニキビ状態です

・アクネ菌増殖中の「白ニキビ」

毛穴に皮脂が詰まった状態で、小さく白い点の状態で見えます。
目立つにきびではありませんが、この状態になると中でアクネ菌が増殖。放置するほどに悪化しますので早期治療が必要です。

・皮脂が酸化した状態の「黒ニキビ」

女性よりも男性によく見られるニキビの状態です。白ニキビから毛穴が開き、酸化した皮脂が原因であったりメラニン色素が溜まることで黒くなった状態のニキビです。
黒ニキビは目立ちやすく、黒いブツブツとした不潔な印象を与えます。出来ると気になりやすいため、早期に治療することが望ましいでしょう。

このページの上部へ
Copyright (c) www.nikibirank.com 2020-09-19 All Rights Reserved.