HOME » ニキビの種類 » ワキにできるニキビと粉瘤の違い

ニキビの種類Kind

ワキにできるニキビと粉瘤の違い

粉瘤ってどんな病気?

粉瘤は表皮嚢腫とも呼ばれている皮膚の良性腫瘍の一種です。

よく脂肪のかたまりと言われていますが実は表皮でできた袋のような腫瘍なのです。
その形状は皮膚の表面と細い出口で連絡している場合が多く、つまむとその中から白いあぶらのような物が出てきます。

皮膚の層は表皮、真皮、皮下脂肪の3層によって出来ており、表皮は細胞分裂を繰り返すことで角質層となって、最後に垢になって剥げ落ちますが、粉瘤の場合は、脱落せずに袋の中に垢が溜まります。
表皮の袋なので身体のどの部分に出来ても仕方がありませんが、ワキに出来ている粉瘤はニキビと形状が良く似ていることから間違われやすいようです。

放置することで感染や炎症を起こしてしまうと、感染性粉瘤や炎症性粉瘤となって症状が悪化します。

粉瘤ができてしまう原因とは?

毛穴の一部分の組織が、皮膚の深い場所で袋状になったものが多いことから皮膚の表面に開口部を持っていますが、知らないうちにできていて潰すと中から白い物が出てきたということもあります。
また、知らないうちにしこりが出来てしまい急激に大きくなることもあります。

その他では、怪我をした時に偶然表皮の細胞が皮膚の中に入り込むことで、表皮の袋を作ったという場合もありますのでその理由は様々です。

はっきりとした原因はわかっていないということが現状です。

粉瘤には臭いがある

袋に溜まった垢が原因で臭いを放つようですが、その臭いは独特で鼻をつくような異臭のようです。

皮膚の下にできるのう胞と言う袋状のものに、角質や皮脂が溜まることによって出来ますから、本来毛穴から排出されておくべきものが溜まっていると考えれば異臭を発するのも当然です。

特にワキに粉瘤ができてしまうと臭いが気になる部分でもありますので早期改善させる必要があります。

粉瘤ができてしまった時の対策

粉瘤を改善するには病院に言って、中の溜まった垢を出してもらうようにしましょう。

粉瘤が強い炎症を伴っている場合などは表面の皮膚を少し切って溜まった垢を外に出しますが、特に痛みや赤みがない場合はメスを使って粉瘤を表面の皮膚ごと切り取って縫う手術などをすることになります。

手術も、表面皮膚の切開は最小限にとどめて、皮膚の下の粉瘤のみ摘出することも可能なので、傷を小さく目立たない範囲で行うこともできます。

ただ、粉瘤は腫瘍とはいえ、あくまでも良性腫瘍なのでそのまま放置していても命に関わることではありませんから切除するか、しないかの判断は本人の意思で決まります。
放っておくと炎症の原因や大きさを増すこともあったり、何といっても臭いの原因になるため悩んでいる場合は相談してみると良いでしょう。

このページの上部へ
Copyright (c) www.nikibirank.com 2019-12-06 All Rights Reserved.