HOME » 洗顔方法 » 正しい洗顔

洗顔方法Wash

正しい洗顔

ニキビ肌に、洗顔は欠かせません

ニキビは、皮脂や汚れが毛穴に詰まってしまうことから発症します。
それらを防ぐためには、まずは洗顔で清潔な肌を保つことが大切です。
しかし間違った洗顔方法を用いていては、かえってニキビを悪化させてしまいます。

オイリー肌だからと、洗顔しすぎていませんか?

皮脂や汚れがニキビを作り出してしまう。
そうはいっても、洗顔のしすぎはよくありません。
とくにオイリッシュな肌を気にする男性に多いのが、洗浄力の強い洗顔料を用いて、さっぱりと洗い上げたいというタイプです。

しかし、皮脂を必要以上に取り除いてしまうと、肌表面のバリア機能が破壊されて、正常な角質が形成されない状態になってしまいます。
これが毛穴詰まりの原因になったり、保水力がなくなりオイリーでありながら乾燥を招いてしまうなんて事態にも落ちいてしまいます。

正しい洗顔方法をマスターしましょう

肌をこすらずに、たっぷりの泡で

ニキビ肌を作らないためには、どのような洗顔方法がベストなのでしょうか。
毎日のスキンケアには欠かせない洗顔ですから、肌にやさしい正しい洗い方をここでマスターしちゃいましょう。

泡立て

①まずは手をキチンと洗いましょう。

手が汚れていると泡立ちがイマイチになります。

②ぬるま湯で軽く顔を濡らしましょう。

顔をお湯で温めることで毛穴が開き、汚れを洗い落としやすくします。

クレンジングを先に行って、すでに顔がぬれている場合は、そのままで大丈夫です。

③石鹸を泡立ててます。

石鹸をぬるま湯につけて、手のひらで転がすようにすると、泡立ちよくできます。

④泡を集めます。

片手を器に見立てて、泡を集めます。そこにぬるま湯を少しだけ足して泡立てます。
泡は大きめ、ゆるめで大丈夫です。コツは慌てずにゆっくりすること。

洗顔

《ポイント》

  • おでこ・ほっぺ・・・内から外へ、下から上にクルクルと円を描いて洗います。
  • 目元・・・軽く転がすようにクルクルと洗います。
  • ・・・下から上へ持ち上げるように洗います。

洗顔中は絶対に皮膚を動かしてはいけません。
指の腹で顔に触れて、指が直接顔に肌に触れないぐらいのイメージを持って、指と顔の間を泡が動いていく感じで洗います。

すすぎ

すすぎが洗顔の中で一番大切です。簡単なので、覚えてくださいね。

ポイント①:お湯の温度は35~36度のぬるま湯

洗顔した泡にはすでにあなたの顔の余分な皮脂や汚れが入っています。高温で洗うと必要以上の皮脂まで流れて乾燥してしまいます。

ポイント②:流しっぱなしの水道水ですすぐこと

たらいなどに溜めたお湯で洗うとせっかく落ちた汚れがまた毛穴に戻ってしまいます。

シャワーでザーッと洗い流すのがオススメの方法です

拭く

できるだけ柔らかい肌触りのよい毛足が長いタオルがオススメです。洗濯のしすぎで硬くなったタオルは使わず、新しいものを使うほうがよいです。

このページの上部へ
Copyright (c) www.nikibirank.com 2020-01-28 All Rights Reserved.