HOME » 洗顔方法 » 洗顔とタオルの賢い使い方

洗顔方法Wash

洗顔とタオルの賢い使い方

まずは使用するタオルの準備から

タオルは濡れたまま放置しておくと雑菌が繁殖し、洗顔などに使用すれば肌に雑菌が付着。
ニキビの炎症を悪化させたり、できてもいない場所にまでニキビを作る原因となります。
ですから洗顔後に使用するタオルは洗顔のたびに変えるようにして、清潔なものを使うようにしましょう。

ニキビ肌対策に! 洗顔と効率的なタオルの使い方

ニキビ肌を改善するには、毎日の正しい洗顔は当然必要です。
しかし実際に洗顔だけでは肌表面の汚れを落とすだけで、毛穴に詰まった汚れまで取り除くのは難しいでしょう。
タオルの使用方法は洗顔後の水分の吸い取りだけではなく、タオルを使って毛穴に詰まった皮脂や汚れを取る働きも期待できます。
 

スチームすると、毛穴はリラックスして開放されます

洗顔を行う前に行いたいのが、蒸しタオルをフェイス上に乗せるという方法。
タオルを蒸しタオル状態にしておき、顔に1分間程度乗せて毛穴を十分に開かせておいてからクレンジングや洗顔をするというものです。
これによって角質なども取り除きやすくなり、毛穴の黒ずみを取ることにも効果が期待できます。

男性はヒゲ剃りに蒸しタオルを活用しよう

男性のヒゲ剃りは、ニキビを悪化させる原因になります。
ヒゲ剃りは肌の表面に負担を与えてしまうため、注意して行わなければ角質を傷付けてしまいます。
なるべくヒゲ剃りによる肌の負担を軽減するためにも蒸しタオルを活用すると良いでしょう。
ヒゲ剃りを行う前に蒸しタオルを顔にあてておき、ヒゲ自体を柔らかくしてから行うことで剃りやすくなります。
そして使用するカミソリの刃やシェーバーなどは定期的に交換や消毒を行い、雑菌などが肌に付着することでニキビを悪化させないためにも清潔さを保つことが大切です。
また、ニキビ肌の人は逆剃りなどを行わないようにしたほうが良いでしょう。

賢いタオルづかいをニキビケアに役立てよう

このように、蒸しタオルは通常の洗顔よりも汚れを落ちやすくする効果が期待できます。
ニキビの改善に活用したいところですが、汚れを落ちやすくすると同時に新たな汚れが入りやすくなるということも認識しておきましょう。
ですから洗顔後には毛穴をきゅっと引きしめて、新たな汚れを遮断できるようにすることが大切です。

毛穴引き締めで汚れをシャットアウト

洗顔後の保湿のために化粧水を使用するのに、それは皮脂の分泌を抑えることで毛穴を引き締めるためでもあります。
とくにビタミンCが配合された化粧水はを選ぶと、引き締め効果はより期待できますので、ニキビ肌の人には良いでしょう。
蒸しタオル美容法は自宅で簡単にできますし、手間もかかりません。
そのためタオルで蒸すのが面倒な場合は、濡らして電子レンジで温める方法などを行うと、より簡単にできます。

このページの上部へ
Copyright (c) www.nikibirank.com 2020-02-17 All Rights Reserved.