HOME » 洗顔方法 » 界面活性剤はニキビ肌の大敵です

洗顔方法Wash

界面活性剤はニキビ肌の大敵です

界面活性剤って何?

界面活性剤とは、物質の境の面に作用して性質を変化させる物質をいいます。
その構造は1つの分子の中に水溶性という、水になじみ溶けやすい部分と油溶性という油になじみ溶けやすい部分があります。本当なら混じり合わない水と油のようなものを混ぜ合わせることで、汚れを洗浄する働きをするのです。
洗顔料なども同じで、水溶性成分と油溶性成分を含んでおり、それらが分離しないように水と油の分子を繋ぐ役割を果たしています。

界面活性剤は肌への刺激が強い

脱脂力が強い界面活性剤は皮脂をきれいに落とせますし、含まれている洗顔料の泡立ちは良くなります。
そしてコスト面でも洗浄剤の中では比較的安価なことが多く、市販されているほとんどの洗顔料に含まれています。

石けんにも界面活性剤は含まれている

石けんは界面活性剤を使っていないと思われがちですが、サポニンやレシチンといった天然の界面活性剤が含まれています。
使用目的が洗浄で泡立ちが良いものはほとんどが界面活性剤入りのものと言えますが、界面活性剤は洗顔料として使うには肌にかなりの負担をかけてしまいます。
界面活性剤の持つ脱脂力は強力で、本来肌が保持しておくべき皮脂まで落としてしまうのです。
適度な皮脂を肌が保つことにより、表面を覆って肌の水分が蒸発するのを防ぎますから、皮脂が全てなくなれば当然肌は水分不足となり乾燥します。

さらに界面活性剤は、肌表面にある細胞を損傷させ、肌表面に備わっているバリア機能を破壊します。
肌が乾燥しバリア機能が破壊されれば、乾燥を防ぐために水分保持しようと皮脂が過剰分泌され角質層を厚くすることで肌を守ろうと働きます。
角質層が厚くなり皮脂が過剰分泌されれば、毛穴に皮脂が詰まりやすくなりニキビを発生させる原因になります。

全ての界面活性剤がニキビに悪い?

界面活性剤にも天然由来成分からのものと人工的に合成させて作られたものがあります。
人工的に合成して作られたものの原料は石油などが使われており、肌にニキビなどが出来ており敏感になっている人にとって大敵な存在です。
洗顔料などに記載されている成分表に、○○硫酸という文字や、○○グリシン、○○グルタミン酸という表記があればそれは化学的に合成された界面活性剤が含まれているということです。

界面活性剤が入っていれば表面的には泡立ちが良いですし、強い脱脂力によって洗った後のさっぱり感も感じることができるため、つい選びがちになります。そのぶん肌にかかる影響は大きいということ、肌の状態によっては思ってもみないダメージを受ける場合があるということを認識しておきましょう。
できるだけニキビ肌の人は界面活性剤が入っていない洗顔料を選んで使用するようにしたほうが良いでしょう。

このページの上部へ
Copyright (c) www.nikibirank.com 2019-12-06 All Rights Reserved.