HOME » 洗顔方法 » きめ細かい泡立ての洗顔泡がおすすめの理由

洗顔方法Wash

きめ細かい泡立ての洗顔泡がおすすめの理由

きめ細い泡で洗顔したほうがいいのはなぜ?

洗顔料できめの細かい弾力のある泡ができれば、その泡が毛穴の中の汚れまで包み込み帳面張力で浮かせることで除去します。
泡の持つパワーは洗浄力の決め手とも言えますが、理想的な泡は毛穴の中まで入り込む細やかさ。そのためかなりきめが細かく、豊かな泡立ちの微細な泡であることが求められます。
きめの細かい微細なサイズの泡であれば、肌への接触面が大きくなり、表面はもちろん毛穴の奥までアプローチが可能です。

また、泡が細かければ細かいほど狭いところにも入りやすいので、こすらなくても優しくなでるように洗うだけで小さい毛穴の奥の汚れも落とせます。
また肌への摩擦は肌を老化させる原因になりますし、刺激によるダメージを受けることになりますからきめの細かなクッション性のある泡が理想の泡と言えます。

きめの細かい洗顔泡を使った洗顔方法とは?

泡で洗顔を行うには、泡タイプの洗顔料を使用するか固形石鹸を泡立てて使用します。
きめ細かい泡を作る時は、適量の泡か洗顔料をとってぬるま湯を少量加えて転がすように泡立てます。
泡立てる時は空気を含むようにするとふわふわとして弾力のある泡になりますが、うまく泡立たない場合は泡立てネットなどを使用すると良いでしょう。

石けんの質より洗い方が大切です

肌に良さそうだからと、上質で高価な石鹸を使ったとしても洗顔方法が正しくなければ全く意味がありません。
泡で洗顔する効果も得られないばかりでなく、肌トラブルへ発展する可能性もありますので注意しましょう。
また、せっかく作った泡を消してしまうかのようにゴシゴシこすったり、摩擦によって肌に刺激を与えて角質を損傷させたり刺激に弱い肌になることで潤いが保てなくなります。

そうなると今度は肌が乾燥しやすくなり皮脂が過剰分泌を始めます。ニキビの原因だけでなくシミや肌荒れの肌トラブルにまで発展します。
こすらなくても良いようにきめの細かい弾力のある泡を作るので、必ず優しく泡でマッサージを行うように洗いましょう。

洗顔料の洗浄力の強さに気をつけて

以上のことから泡のきめはできるだけ細かく弾力に富んだものが良いと言えますが、泡立ちが良いからと洗浄力が強すぎる洗顔料などを使用すると、逆に刺激が強すぎてニキビを悪化させる原因にもなります。
ですから使用する洗顔料は
・弱酸性の肌に刺激が少ないもの
・界面活性剤などを使用していないもの
・肌に必要な皮脂を残せる洗浄力の強くないもの
・スクラブ入りといった肌を傷付けることのないもの
などを選ぶようにしましょう。
適切な洗顔料できめの細かい泡を作って正しい泡洗顔を行うことが、ニキビ肌を改善するケアの第一歩です。

このページの上部へ
Copyright (c) www.nikibirank.com 2019-12-06 All Rights Reserved.