HOME » 洗顔方法 » 敏感肌ニキビの洗顔

洗顔方法Wash

敏感肌ニキビの洗顔

敏感肌はトラブルを起こしやすい肌質のこと

敏感肌の多くは、水分不足で乾燥している状態であることが多いです。乾燥からのバリア機能の低下などにより、外部からのちょっとした刺激などで炎症を起こしやすい状態なので、肌ケアは慎重に行う必要があります。
ニキビも乾燥肌と同じようにできるうえ、肌の角質層が硬くなりやすいため、皮脂が毛穴に詰まりやすくなっています。

敏感肌の人は使用する洗顔料に注意しましょう

敏感肌で特にニキビができている人は、使用する洗顔料や化粧水によっては肌への刺激が強すぎてしまいます。
ピリッとした痛みを感じることや赤みがでることもありますので、とくに市販で販売されているものは配合されている成分を確認して選ぶ必要があります。
配合されている成分の中に防腐剤や殺菌剤、界面活性剤といった合成化学成分が含まれていると、それらの成分が肌に負担を与えてしまいます。
特に敏感肌の人が反応しやすいパラベンという防腐剤には注意しましょう。

ニキビのある敏感肌の人は低刺激で保護機能が保てる洗顔料を選ぶことが大切です。
治癒力を高めてくれるものを使う必要がありますから、無添加のものなど敏感肌の人向けに作られているものを使うようにしましょう。
また、ピーリング成分の入っている洗顔料の使用やスクラブ入りの洗顔料は、肌に与える刺激が大きいため避けたほうが良いでしょう。

ニキビのある敏感肌の人が行う洗顔方法

刺激に弱くデリケートな肌の状態になっている敏感肌の人は、洗顔を行う時には、次のことに気を付けて細心の注意をはらい、正しい洗顔を行うようにしてください。

・洗顔の時に使用する水温は体温と同じくらいのぬるま湯
・ぬるま湯で肌の汚れをある程度取った後に、しっかりと泡立てた洗顔料で優しく洗う
・洗い残しがないようにすすぎ洗いをしてから、最後は肌を冷水で引き締める
・洗顔後は毛穴が開いた状態のままにせず、しっかりと保湿ケアを行う

手ではなく泡で洗いましょう

洗う時はきめの細かな弾力のある泡をつくって、汚れを包み込むように洗うことがポイントです。
顔をゴシゴシこすらないように指の腹でマッサージするように行うと、肌に刺激を与えず泡で浮かして取る効果が期待できます。

ぬるま湯&冷水すすぎがポイントです

また洗浄に使う水温も熱すぎないぬるま湯で行うことが大切で、皮脂の汚れは水溶性ですから最初はぬるま湯だけで十分に洗い流した後に泡で汚れを落とすという方法が良いでしょう。

すすぐ時もぬるま湯で行ない、すすぎ残しがあればそこからニキビを悪化させてしまうことや別の肌トラブルの原因になることもありますから、きれいに洗い落とすようにしましょう。
洗顔を行ったら最後は冷水で肌を引き締めて、保湿成分の高い化粧水などで保湿をしっかりと行います。
使用する化粧水もできるだけオイルなどを使用していない肌に優しいものを選ぶようにしましょう。
健康な肌なら問題ないものでも、敏感肌には肌トラブルの原因になるということを頭に入れておく必要があります。

このページの上部へ
Copyright (c) www.nikibirank.com 2019-12-06 All Rights Reserved.