HOME » 洗顔方法 » クレンジングシートがニキビ肌にNGのワケとは

洗顔方法Wash

クレンジングシートがニキビ肌にNGのワケとは

ゴシゴシ擦ると、ニキビに炎症が起こります!

時間のない時でも手軽にメイクを落とせるクレンジングシート。
ふだん愛用している女性は多いかと思いますが、ニキビ肌の人はこのシートでゴシゴシと肌をこすってしまうと、ニキビを悪化させてしまうことになります。
確かに肌にメイク汚れが残っていることは良くありません。しかし取り除こうと何度もこすると、突起したニキビに刺激を与えて肌にも傷を付けてしまいます。ニキビが炎症を起こす結果になりかねませんので、ニキビ肌の人はクレンジングシートの使用はできれば避けたほうが良いでしょう。

肌のバリア機能や保湿に必要な皮脂を奪う可能性も……

濃いメイクも拭き取るだけで落ちるクレンジングシートですが、その除去する力は界面活性剤が働いてこその力です。
メイク自体がほとんど油性なので、水の力だけは落とせないためクレンジングが必要なのです。
クレンジングシートに含まれた界面活性剤は、油となじみ濃く落ちにくいメイクもしっかり拭き取ることができます。
油となじみやすいぶん、肌に必要なバリア機能や保湿効果のある皮脂まで取り除いてしまうことも多いのです。
いくら潤い成分が含まれているものでも使い続けると肌が乾燥してしまうので、ニキビに大敵な乾燥を招くとニキビは悪化してしまいます。

クレンジングシートの成分を確認しましょう

クレンジングシートに含まれる成分には、界面活性剤以外にも様々な成分があります。
基本的には洗顔の時に行うクレンジングと同じことが多いものの、保存性を高めるために酸化防止剤などが含まれるものがあります。
保湿やうるおい成分としてコラーゲンやヒアルロン酸といった美肌効果のある成分が含まれていることも多々。
さまざまな成分なので良くないとは決めつけられませんが、自然成分ではない化学的に合成された成分は肌になんらかの負担をかけてしまいます。
特に肌にニキビができているときはクレンジングシートをどうしても使う必要がある場合、どのような成分が含まれているか成分表などを参考に確認するようにしましょう。

肌に優しいタイプのクレンジングシートなら使ってもOK?

一般的に販売されているクレンジングシートの中には、肌に優しいタイプとうたっているものもあります。
使用されているコットン素材が柔らかく肌には優しそうですが、結局は肌に直接触れて摩擦を起こすので、ニキビ自体を刺激することに変わりありません。
特にニキビが炎症を起こしている場合や熱を持っている状態の時にクレンジングシートを使用すると、さらに炎症を悪化させる原因になります。
先に述べたようなコラーゲンやヒアルロン酸といった美肌成分を配合している場合、肌に良さそうでメリット部分を感じるかもしれません。しかし、擦ることで肌に刺激を与えてしまうデメリット部分のほうが上回りますので、ニキビ肌の場合はクレンジングシートの使用を避けるようにしましょう。

このページの上部へ
Copyright (c) www.nikibirank.com 2019-12-06 All Rights Reserved.