HOME » 洗顔方法 » 洗顔しても詰まりやすい毛穴クレンジング

洗顔方法Wash

洗顔しても詰まりやすい毛穴クレンジング

ニキビ肌に最適なクレンジングって?

クレンジングが肌へ与える負担は大きいのですが、メイク汚れを落とすための必須アイテムでもありますから洗顔には欠かせないもの。
ニキビを悪化させないために、できるだけ肌に負担の少ないニキビ肌に適したクレンジング方法とクレンジング剤を選ぶようにしましょう。

注意したいクレンジング方法

摩擦を与えすぎるクレンジング方法

メイク汚れを落とす時はクレンジングとなじませることによって落とすので、肌にある程度の力を加えます。その際にニキビに摩擦を与えてしまいます。
ニキビへの摩擦を最小限に抑えるため、テクスチャーの重いクレンジング剤は避けたほうが良いでしょう。

刺激が強いクレンジング方法

クレンジング剤の中には強い成分が入っているものがあり、その成分が刺激となることでニキビを悪化させる原因になることもあります。

・クレンジング剤が肌に残ってしまう

ベタつきのあるクレンジング剤は洗い流しても肌に残る可能性があるため毛穴詰まりの原因になります。
また、拭き取りタイプのものなどもクレンジング成分が残りやすいものが多くあります。

オイルクレンジングの使用には注意

オイルクレンジングはファンデーションなどとなじみやすいため、メイク成分をしっかり浮かせることができ肌から取り除くことができます。
しかしクレンジング剤が肌に残りやすく、洗顔を過剰にしてしまいがちになり必要な皮脂まで落としてしまい肌を乾燥させる原因になることもあります。
特に大人ニキビに油分は大敵! オイルカットのクレンジングを選ぶようにしたほうが良いでしょう。

クレンジングで全ての汚れを落とそうとしないこと

クレンジングはメイク汚れを落とすもので、肌自体の汚れを落とすものではありませんから、毛穴に詰まった皮脂や汚れをクレンジング剤で溶かして出そうとするクレンジング方法は肌を痛める原因となります。

低刺激&ノンオイルのものが◎


毛穴の汚れを落としたい場合は、蒸しタオルなどで毛穴を開かせたあとに洗い流す方法を取ると良いでしょう。
ただ、毛穴に詰まったメイク汚れはクレンジングで取り除くことが大切。ですから溶かして搔き出すクレンジングではなく、あくまでも吸着したり包み込む低刺激なノンオイルのものを選ぶほうがニキビ肌には適しています。

クレンジングでの肌荒れに気をつけて

また、クレンジングを行ったあとに毛穴が引き締まった感じがするという効果は、汚れと同時に水分が奪われている状態を指します。
クレンジングだけで毛穴の汚れの全部を取り除くことは本来困難なこと。
なので、それを実行できるクレンジングがあるとすれば、肌にかなりの負担や刺激を与えていることになります。
色々なタイプのクレンジング剤が流通していますが、あまりにも洗浄力の強さをうたっているものは、そのような危険性が。
肌が水分を失うと、皮脂を過剰分泌させ逆に毛穴の詰まりを悪化させることになりますから注意しましょう。

このページの上部へ
Copyright (c) www.nikibirank.com 2020-07-13 All Rights Reserved.