HOME » 洗顔方法

洗顔方法

洗顔はニキビケアの基本です。

1.肌質に合った商品選び … ニキビケアを左右する洗顔石鹸の選び方
2.正しい洗顔方法 … W洗顔が基本です

ターンオーバー

あなたのお肌は実年齢より若い?20代の半ば頃まではそれほど違いのない肌年齢。年を重ねるにしたがって、その差は広がっていきます。詳しく見る

W洗顔が基本

洗顔はクレンジングと別々に分けて考えるW洗顔が基本です。めんどくさがったり忙しいからと手抜きをするのは、ニキビケアには禁物です。詳しく見る

ニキビ顔には洗顔石鹸

洗顔で気にしたいのが「洗浄力」ニキビで悩むオイリーお肌の人には弱酸性の洗顔料では洗浄力が弱くてしっかりと汚れを落とせず…。詳しく見る

正しい洗顔

洗顔の仕方ですが、まず行うことは手をしっかり洗うこと。手が汚れていると泡立ちがイマイチになってしまいます。さて洗顔・・・詳しく見る

ニキビに有効な洗顔石鹸の成分

ニキビに有効な洗顔石鹸にはグリチルリチン塩酸やどくだみなどの天然成分が含まれています。選ぶ際には化学成分が含まれていないか、泡立ちは良いかなどもチェックしてください。詳しく見る

ピーリング石鹸でニキビ対策

ニキビ対策にはピーリング石鹸での洗顔も効果的です。AHAという酸が肌の角質を溶かし、肌のシミやくすみを消すことも。エステでの施術と同じような効果を自宅で得られます。詳しく見る

ピーリング石鹸の注意点

ピーリング石鹸はとても刺激が強いので洗顔の際にはいくつかの注意が必要になります。目元、口元などは避け、指で擦ったりしないように。最初は週1くらいのペースで試してみて。詳しく見る

ピーリング石鹸は背中ニキビにも

ピーリング石鹸は顔だけでなく背中ニキビにも効果的です。顔と同じくピリピリするまで泡を肌に乗せます。その後はきれいにすすいでしっかり保湿を行ってください。詳しく見る

洗顔しても詰まりやすい毛穴クレンジング

クレンジングは洗顔に使いますが、毛穴の詰まりを起こしやすい可能性もあります。そのためクレンジング方法とクレンジング剤を選ぶ時は慎重に行いましょう。詳しく見る

やってはいけない3つのNG洗顔

ニキビ肌が行ってはいけない3つのNG洗顔とその理由について知り、正しい洗顔方法を行ってニキビ肌対策に役立てましょう。詳しく見る

界面活性剤はニキビ肌の大敵です

界面活性剤とはどのような仕組みで汚れを落とすのか、また肌へ与える影響を知るとニキビ肌の人は界面活性剤と避けたほうが良いということがわかります。詳しく見る

洗いすぎにご用心。ニキビ悪化が心配なインナー&オイリードライ肌

皮脂の分泌は男性ホルモンの働きによって促進されますから、肌の皮脂を落としきることで抑えられるものではありません。ニキビ肌の人は洗顔のしすぎが肌に悪い影響を与えると、認識しておく必要があります。詳しく見る

洗顔とタオルの賢い使い方

洗顔の際にタオルでゴシゴシと肌をこすったりすると、肌に傷が付きニキビを悪化させる原因になります。そしてニキビ対策に有効な洗顔やタオルの使い方をしましょう。詳しく見る

クレンジングシートがニキビ肌にNGのワケとは

クレンジングシートは、拭き取るだけでメイクを落としきれるので、疲れている日はそのまま眠れるし便利! しかしメイクを落とす力は、同時に肌にも様々な影響を及ぼします。詳しく見る

敏感肌ニキビの洗顔

敏感肌の人がニキビになった場合、洗顔を行う時に注意することやポイントなどはいくつかあります。ニキビに負担をかけず改善させる方法で洗顔を行うようにしましょう。詳しく見る

きめ細かい泡立ての洗顔泡がおすすめの理由

洗顔で肌表面の汚れや毛穴の汚れを落としたいと、ゴシゴシこすれば摩擦によって肌に負担をかけます。洗顔泡のきめ細かさを保てられれば、その摩擦による刺激を軽減。肌への密着性を高めて、洗浄成分を入りやすくします。詳しく見る

このページの上部へ
Copyright (c) www.nikibirank.com 2018-12-15 All Rights Reserved.