HOME » ニキビ治療 » 美容皮膚科とエステの活用術

ニキビ治療Cure

美容皮膚科とエステの活用術

病院とエステの違い、分かってますか?

病院とエステの違い

ニキビケアはドラッグストアの薬か、化粧品によるスキンケアがメインですが、ニキビは「尋常性ざ瘡(じんじょうせいざそう)」と呼ばれるお肌の病気です。
病気である以上、皮膚科で治療を受ければ治すことができそうですよね?

ニキビは皮フ科、 それともエステ?

エステティックサロンにもニキビ肌ケアのコースがあります。
ケミカルピーリングやイオン導入などで、美しいお肌を回復できそうです。
では、果たして皮膚科かエステか、どちらを選ぶのが良いのでしょうか?

病院・皮膚科 … 今あるニキビの「治療」をするところ

病院の皮膚科は、できてしまったニキビを治療するところです。
クリニックなので保険も適用されますし、施術はすべて効果が証明されているものだけです。
ただし病院はあくまでも、今できているニキビ(病気)を「治療する」ことが目的。
そのため、治った後に美肌になれるかどうか、ニキビ跡が残るかどうかは、お医者さんの腕次第です。

エステサロン … 「美容」のための美肌ケアをするところ

肌を美しくするための施術が充実しているエステティックサロンは、ニキビ肌を美肌にすることが目的の場所です。
ケミカルピーリングやイオン導入、レーザー治療などの最先端マシンが勢ぞろい。
ビジネスなのでお客様の満足度を重視してますし、日々、新しいスキンケア方法を開発しています。

目的で病院とエステを使い分ける

病院とエステ、どちらが良いとか優れているということはありません。目的が全く違うからです。
そのため、あなたの目的に応じて、使い分けるのが良いでしょう。
例えば、今あるニキビは美容皮膚科で治療して、ニキビあと部分についてはエステで相談をするという利用法が考えられます。
セルフケアではなく、「本気でにきびを治したい!」なら病院へ。「美肌を手に入れたい!」 ならエステの専門家に相談しましょう。

このページの上部へ
Copyright (c) www.nikibirank.com 2019-12-06 All Rights Reserved.