HOME » 大人にきび » ニキビ肌には化粧水が大事

大人ニキビAdult

ニキビ肌には化粧水が大事

洗顔後には必ず化粧水

化粧水

化粧水の目的は、洗顔後の乾いたお肌への水分補給。

化粧水をつけることで、ニキビ肌には気になる洗顔後のオイリーな状態もなくなります。

どんな場合にも 洗顔 ⇒ 化粧水 をするようにしましょう。

どんな肌質でもスキンケアによる保湿が大事

にきびができやすいオイリーな肌質だと、油っぽさを気にするあまり、乾燥状態に気がつかないことがあります。しかし、皮脂の多い肌の方でも、乾燥肌でないとはかぎりません。
水分が足りない状態が皮脂を過剰分泌させて脂ぎったお肌にしてしまうのです。
また、乾燥状態の場合は、角質が厚くなって毛穴を塞いでしまい、皮脂を外に出せない状態になってしまいます。こうした状態をなくし、スムーズな肌の循環を行なうために大事なのが、化粧水による保湿で、毛穴からお肌全体にうるおいを与えることなのです。

ただ化粧水をつけたからといって、その水分がお肌を滑らかにしてくれるわけではありません。お肌の水分が蒸発してしまえば、またカサカサになってしまうのです。
大切なのは、化粧水に入っているお肌の水分を保ってくれるセラミドやヒアルロン酸のような保湿成分を補うことになります。

乳液やクリームも保湿には大切

油分が含まれている乳液やクリームといったスキンケアは、ニキビ肌だと避けたくなってしまうところですよね。
でも、これらの油分があることで、健康な角質がつくられるのです。
乳液やクリームは肌の柔らかさを保つ働きがあるので、固くなって毛穴詰まりを起こしやすい角質には、とても大事なんです。
しかし、ニキビができているところに油分を投入するのは抵抗があります。
そんな方は、油分の少ないジェルなどで潤いを与えましょう。

<化粧水選びのポイント>

ニキビ肌には、ビタミンCやヒアルロン酸を

脂性のオイリー肌や、ニキビ肌の場合は、化粧水の選択にも注意が必要です。
すでにニキビができている方におすすめなのが、ビタミンC誘導体が配合されている化粧水。
ビタミンC誘導体は、皮脂を押さえてニキビ予防へと導いてくれるうえに、ニキビでできてしまった赤みを薄くしてくれる効果もあります。

また、油分が少なめにしたいときには、セラミドやヒアルロン酸のような保湿成分の含まれているジェルや美容液などで、お肌をしっとりさせるとよいでしょう。

ニキビ専用化粧品が良いとは限りません

近頃はニキビ用のスキンケア用品も非常に充実してきました。
ビタミンCやコエンザイムQ10配合など、殺菌効果や抗酸化作用に優れた効果を持つ製品などがCMされています。
一見すると、ニキビが治ってしまうのではないかとおもってしまいがちですが、これらのニキビ用化粧品は防ぐ効果を期待できたとしても、治す力があるとはかぎりません。
まずは自分の肌質にあった商品を口コミで調べたり、プロに相談してみましょう。

このページの上部へ
Copyright (c) www.nikibirank.com 2020-01-28 All Rights Reserved.