HOME » 大人にきび » ターンオーバーと大人ニキビ

大人ニキビAdult

ターンオーバーと大人ニキビ

肌のターンオーバーとは肌のサイクルのこと

ターンオーバーとは古くなり役割を終えた肌に、新しく表皮細胞が生成され成長し、角質へと変化して肌が生まれ変わるといった一連の流れを行う肌サイクルのことで、約28日を基準として繰り返されています。

大人ニキビができないようにするために

大人ニキビを予防するために必要なことは毛穴に皮脂が詰まらないようにすることですが、詰まりを防ぐことでニキビの元となるアクネ菌の増殖を抑えることが出来るからです。

毛穴に皮脂が詰まらない肌を作るためには、角質層に水分が保持されている肌作りを行う必要があります。
水分が保持されている肌は柔らかいですが、柔らかければ皮脂の分泌が活発に行われたとしてもその皮脂が詰まりませんし、毛穴が開き気味になりません。

角質層を柔らかい状態へと導くことが大人ニキビを防ぐことになります。

ターンオーバーが早い肌は大人ニキビができやすい?

一般的にターンオーバーが早く行われる肌は大人ニキビが出来やすいと言われていますが、その理由として角質の剥がれが早い肌であるということがあげられます。

剥がれが次々と行われれば成長段階の表皮細胞が角質となる角化が起こり、角化が早いことで次々と新しい細胞を作らなければいけなくなり細胞が入れ替わること自体が早くなります。

このように急いでできた痩せた角質は、水分を保持する力が弱い上に角質同士をつなぐセラミドも不十分なことから乾きやすく剥がれやすくなります。
そうなれば肌はキメのない荒い肌となり毛穴が拡がることとなり、毛穴の入り口には皮脂が溜まりやすくなります。

この溜まった皮脂が酸化することでもっと肌を傷めてしまい角質の寿命を短くするのです。
これが繰り返されればいつまでたっても柔軟な肌へと導くことができず、大人ニキビが出来やすい肌状態が続くようになります。

ならターンオーバーを正常に行うようにするにはどうしたらいいの?

肌のターンオーバーを正しく行わすためには、角質層の水分不足を補うことをし、肌が受けるダメージを軽減して角質の寿命を延ばす必要があります。

未熟な角質で作られた痩せた角質層でも、バリアー層としての役割はそれなりにありますが、肌の環境が良くなれば急いで表皮が角化することを行わなくなります。
しっかりと成長した表皮細胞が角化すれば、角質層自体のバリアー能力も向上するため、水分を多く保持した強くてキメのある柔らかい肌へと変化していきます。

その肌を維持することでターンオーバーの循環が良くなり、正常なサイクルで行われるようになるのです。
ターンオーバーを正しく行えるように導くことで、本来の肌質を取り戻し、大人ニキビが出来にくい肌をつくりましょう。

このページの上部へ
Copyright (c) www.nikibirank.com 2019-12-06 All Rights Reserved.