HOME » 大人にきび » お酒の飲みすぎでニキビが悪化

大人ニキビAdult

お酒の飲みすぎでニキビが悪化

お酒を飲み過ぎると肝臓機能が低下する

アルコールが肝臓に与える影響として肝機能の低下がありますが、肝臓本来の働きである身体の毒素を分解するといった作用が正常に働かなくなると当然肌に存在する毒素も分解されなくなります。
すると血液中の毒素が肌に影響を与えてしまい、ニキビが発生する原因となります。
また、アルコールが肝臓で分解される時には活性酸素が大量に発生するため、発生した活性酸素が肌の組織や細胞を傷つけることで、ニキビなど肌トラブルの原因になります。

お酒の種類によっては、糖分の過剰摂取に……

お酒の種類には蒸留酒と醸造酒があります。
蒸留酒には焼酎やブランデー、ウイスキーなどがあげられ、糖分をまったく含みません。いっぽう醸造酒と呼ばれる日本酒、ビール、チューハイ、ワインといったお酒は沢山の糖分を含んでいるため、飲み過ぎると糖分も過剰に摂取することになります。
糖分を体内に摂り入れると中性脂肪に変化して、その一部は皮脂となり肌に出てくるのです。
ですから糖分を過剰摂取することは中性脂肪を増やし、皮脂を過剰に分泌させることになってしまいます。そのため過剰に分泌された皮脂によって毛穴が詰りやすくなり、ニキビを悪化させたり、新しくニキビができる原因となるのです。
また皮脂の過剰分泌は、お酒を飲むことによって毛細血管が拡張することによっても起こります。

お酒を沢山飲むとビタミンB群を大量消費する

アルコールを大量に摂取すると、その分ビタミンB群の消費も大量行われます。
ビタミンB群が持つ働きには、肌の代謝を促すことや糖分を分解する作用があります。
特にビタミンB2とビタミンB6は皮脂分解してたんぱく質を作り出すため、ニキビ改善に必要な栄養素です。
しかし大量にアルコールを摂ることによってビタミンB群が肌に行き届かなくなり、新陳代謝が低下。肌の古い角質は新しく生まれ変わることなく、ニキビを作りやすい肌にしてしまいます。

お酒の大量摂取は間接的に肌への悪影響が……

生活習慣が不規則になればホルモンバランスが乱れますが、それによって皮脂が過剰に分泌されニキビを作る原因になります。
お酒を飲む生活が続くことで様々な生活習慣を乱す原因となることがありますから、以下のようなことに注意しましょう。

できるだけ脂っぽい物を食べながら飲まない

お酒を飲む時にはつい脂っぽい物を食べてしまいがちですが、脂質を多く摂れば皮脂を過剰に分泌させてしまいます。ニキビを悪化させたり発生させる原因になります。

夜遅くまでお酒を飲まない

つい夜遅い時間までお酒を楽しんでしまったり、生活の時間が不規則になりがちですがニキビには良くありません。

睡眠不足にならないようにすること

夜遅くまでお酒を飲むことと合わせて、就寝時間が遅くなります。
お酒を飲んでいることによって興奮状態にあり、睡眠の質も悪くなるため睡眠不足になり肌のターンオーバーは低下します。
そうなるとニキビだけでなく、様々な肌トラブルを起こす原因となりますので注意しましょう。

このページの上部へ
Copyright (c) www.nikibirank.com 2019-12-06 All Rights Reserved.