HOME » 大人にきび » エアコンやクーラーが大人ニキビの原因に

大人ニキビAdult

エアコンやクーラーが大人ニキビの原因に

外と室内の温度差で肌トラブルの原因に?

エアコンやクーラーを使いすぎることで、室内と外との温度差が大きくなり肌に負担をかけ、大人ニキビなどの肌トラブルを引き起こします。

特に仕事場では快適に労働を行えるように室温を整えるため、逆に夏は寒いほどクーラーがきいていたり、冬は熱く火照る位の温度になることもあります。

温度が一定に調整された場所に長くいれば自律神経が乱れて体温調節がうまくできなくなる場合があります。
この体温調整がうまくできないことで冷え性などになる原因となり、冷え性になることで体内の血流が悪くなり新陳代謝が低下し、肌の修復機能まで損なわれ乾燥肌となり大人ニキビが出来やすくなったり、悪化させる原因となるのです。

また、自律神経が乱れるとホルモンバランスの乱れにも繋がりますからそれによって皮脂が過剰分泌されることで大人ニキビの原因となります。

室内が乾燥することが肌トラブルの原因?

エアコンやクーラーを使いすぎれば、当然室内は乾燥します。

エアコンによって除湿されれば空気が乾燥し、乾燥した空気によって肌の角質細胞が乾燥され、肌の水分を保持する機能が低下し角質細胞が厚みを増します。
この角質が厚みを増すことは、大人ニキビの原因の一つとしてあげられます。

角質が厚くなれば、毛穴が塞がれ詰まる原因になるからです。
また、肌が乾燥することで水分が不足しれば肌のバリア機能は低下しますから、バリア機能をなんとか維持しようと皮脂の分泌が活発になり、その皮脂が毛穴を詰まらせることも大人ニキビの原因になります。

エアコンやクーラーを使う注意点

エアコンやクーラーを原因とした大人ニキビを作らないようにするためには、肌の乾燥を防ぐため、なるべくエアコンやクーラーを強くし過ぎないようにすることが大切です。

体感温度は人によって違いますから、エアコンの温度調整は難しいですが、夏場は設定温度を下げ過ぎないようにして扇風機を併用するようにすると良いでしょう。
また、冬場は元々乾燥しやすい環境にあるのでエアコンの設定温度を上げすぎないようにし、電気ストーブやファンヒーターなどを併用するなどしましょう。

ストーブを使用する場合はやかんに水を入れて水蒸気が出るようにしておくか、加湿器を併用するようにするなどの工夫をしましょう。
環境的に難しい場合は、スプレータイプのボトルに水を入れておき、時々顔の周りで噴霧したり、水を入れたコップや水に濡らしたタオルを置いておくだけでも乾燥を防ぐ効果があります。

大人ニキビを防ぐには肌が乾燥することを防ぎ、保湿をすることが大切ですから、冬場だけでなく夏場であっても保湿に心がけるようにすることが重要です。

このページの上部へ
Copyright (c) www.nikibirank.com 2020-01-28 All Rights Reserved.